ハーブを可愛く育てよう♡ローズマリーをちょこっと摘んでポークジャーキーを作ろう

ハーブを可愛く育てよう♡

ローズマリーをちょこっと摘んでポークジャーキーを作ろう

小さな鉢にローズマリーをうえて、 ちょこっと素焼きチップスを並べて、ちょこっと料理に使って、ちょこっと楽しむ♡

素焼きチップスは、グレーのスター小・丸 ピンクの丸 を使用しています。

素焼きチップスをご紹介 こちらをクリックしてください♡)
素焼きチップスを販売しています (こちらをクリックしてください♡)

ローズマリーの性質

形態・分類         低木・庭木・花木

収穫期          11月~7月末

水            乾かし気味水をあげる時はたっぷり

場所           日向

花・木の名前・画像・ラ行

ローズマリーのポークジャーキー の作り方

材料

豚肉赤身・ハーブ塩・あらびきコショウ・ポッカレモン・ローズマリー  

作り方

1、豚肉をスライスしてポッカレモンを少々なじませる。

2、オーブンのトレーにクッキングシートを敷いて豚肉を並べる。

3、ハーブ塩・あらびきコショウ・ローズマリーをきざんだものをかける。

4、裏返して、ハーブ塩・あらびきコショウ・ローズマリーをきざんだものをかける。

5、オーブンで130℃30分お好みで時間調整してください。

とっても簡単です!

 

マカロン: 美味しそうやなぁ~♡ぼくもたべたいな~♡

 

ハーブを可愛く育てて楽しみましう♥

 

チョコグラノーラとキャラメルグラノーラを作ろう

♡お菓子♡

超簡単!チョコグラノーラとキャラメルグラノーラ

キャラメルグラノーラ

材料

1、マシュマロ120g

2、キャラメル1箱

3、無塩バター30g

4、クラノーラ、コーンフレークなどの糖分の少ないシリアル150gくらい

5、ナッツ(アーモンド・クルミ・カシューナッツなど)好みの大きさに砕いて50gくらい

作り方

1、バターを溶かしマシュマロ、キャラメルを入れて弱火で溶かす。

2、溶かした中に砕いたナッツとグラノーラやシリアルを入れて混ぜ合わせる

3.小さなミニカップにいれて冷蔵庫で冷やす

 チョコグラノーラ

材料

1、市販の板チョコ4枚くらい

2、クラノーラ、コーンフレークなど糖分の少ないシリアル100gくらい

3、ナッツ(アーモンド・クルミ・カシューナッツなど)好みの大きさに砕いて50gくらい

4、超ミニカップ

作り方

1、湯煎にしてチョコを溶かす

2、溶かしたチョコの中に砕いたナッツとグラノーラやシリアルを入れて混ぜ合わせる。

3.小さなミニカップにいれて冷蔵庫で冷やす

 

チョコやグラノーラやシリアルは、お気に入りの材料をお使いください。

私はミルクチョコレート派♡

適当に作っても結構美味しくできます♡

クッキー:ん?おいしそうやな♡

更新日:

スルコレブチア属 ラウシーは紫系の渋い色が素敵♡

スルコレブチア属 ラウシーは紫系の渋い色が素敵♡

サボテン科の植物ですが、棘が非常に短く触ってもあまりチクチク痛くありません。紫系の渋い色がとっても素敵なサボテンです。小ぶりの個体が群生してボコボコ広がって行くようです。少し株分けしてみる事にしました。

材料

鉢・・・手作りのミニ鉢

素焼きチップス・・・グレー/ハートの小

土・・・多肉植物用の土

多肉植物・・・サボテン科スルコレブチア属 ラウシー

使用している植物の性質

サボテン科スルコレブチア属 ラウシー

形態・分類   多肉植物*サボテン科スルコレブチア属 ラウシー
原産地     南米ボリビア*スクレ近郊
水       水控えめ、真夏と真冬は特に乾かし気味
場所      日なた*真夏の直射日光は苦手

*標高3000メートルを超える地域に自生する植物で、サボテンですが-5度位までは耐えれると言われているそうです。水はけの良い場所を好みます。水の与えすぎには十分注意しましょう。

親株の周りに子株が生じて群生して大きくなります。株分けするのであれば、一番外側にある子株を清潔なカッターなどで親株から切り離し、切り口が完全に乾くまで乾燥させてから植え付けるのが良いそうです。

観葉植物/多肉植物の名前・画像・サ行

POINT

スルコレブチア属 ラウシーは紫系のサボテンなので、紺色系の鉢にグレーの素焼きチップスを並べてみました。

ミニ鉢には小さなチップスが合うようです♡

素焼きチップスでアレンジし

ましょう♡

今回はレッドのハート大を使用しました♡

素焼きチップスをご紹介(こちらをクリックしてください♡)

素焼きチップスを販売しています(こちらをクリックしてください♡)

自分流を楽しみましょう♡