アンドロサセ スターダストとバーベナ・アレナリア ブリザードコンパクトの寄せ植え♡

アンドロサセ スターダストの寄せ植え♡アレナリア ブリザードコンパクト+バーベナ ブードゥースター+バーベナ花手毬を合わせました♡

真っ赤なバーベナのうえにチラチラ白い花が降ってきた様な可愛い寄せ植えとなりました。

使用している植物の性質

アンドロサセ スターダスト

形態・分類      1年草

開花         4月~5月

水          乾いたらたっぷり

場所         日向た

*日当たりのよい水はけの良い場所を好み、多湿を嫌います。とても小さな花が線香花火の様にちらちらと丸く可愛く広がってって咲きます。花が咲き終わったら茎ごとカットしま小。

アレナリア ブリザードコンパクト

形態・分類      多年草・草花

開花         4月~5月

水          乾いたらたっぷり

場所         日向 真夏は半日陰

バーベナ ブードゥースター

形態・分類      多年草・草花

開花         5月~11月

水          乾いたらたっぷり

場所         日向 真夏は半日陰

バーベナ 花手毬

形態・分類      多年草・草花

開花         5月~11月

水          乾いたらたっぷり

場所         日向 真夏は半日陰

寄せ植えのポイント

POINT!

小さな可愛いカスミソウの様なアンドロサセ スターダストを中心に高い位置はふわふわッと舌アンドロサセの花を配置

アンドロサセのとても小さい白い花が引き立つように、真っ赤なバーベナと白と赤のバーベナを周りの低い空間に配置しました。鮮明な色の花を配置することで、アンドロサセのふんわり感をより引き立ててくれます。

鉢の選び方

白い小さな花や鮮明な真っ赤な花を引き立たせる為に、白い鉢を選びました。

どの花も高さのある花ではないので、高さより直径が大きいいタイプの鉢に植えてみました。高さのある鉢にうえてもOK♥

黒い光沢のある高さのある鉢に植えても素敵ですよね♡

寄せ植えの表情の変化

植えこんで1カ月

スタダストがほぼ咲き終えたようです。モヤモヤしているので根元からカットします。

スッキリしました!スターダストのモヤモヤが無くなり、バーベナがとても美しい♡

アレナリア ブリザードコンパクトは蕾を付けていますよ♡

素焼きチップスでアレンジしましょう♡

花の根元に素焼きチップスを並べて、自分流を楽しみましょう♡

素焼きチップスをご紹介(こちらをクリックしてください♡)

素焼きチップスを販売しています(こちらをクリックしてください♡)

クレマチス カートマニージョーの育て方・楽しみ方

クレマチス カートマニージョーの育て方・楽しみ方

春に真っ白な花をたくさん咲かせてくれる魅力的な花♡

クレマチス カートマニージョーの性質

形態・分類      多年草・耐寒性つる性

開花         4月~5月

水          乾いたらたっぷり

場所         日向

育て方

日の良く当たる風通しの良い場所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷり水をあげましょう。

開花後、楽しんだ後は剪定をする方法もあるようですが、私はそのまま花が咲き終わり綿帽子の様な状態になるまでそのままにして、枝も自由に伸ばしておきます。そのままでもたくさん枝を伸ばし、沢山の美しい花を咲かせてくれますよ♡

肥料は1~2月に1度位液肥を後は化成肥料を、秋口には液肥を2,3度与えてあげると良いようです。

ただし夏場は休眠状態なので肥料を必要としない様です。

強く、耐寒性もあり、放置状態でも、沢山の花を咲かせてくれるので、ガーデニング初心者にお勧めです♡

自分流のアレンジで楽しむ

植木鉢に植えて楽しむ

根元の方には花が付きにくいので、高さのあるオベリスクに絡めるとGood!。高い位置に見ごたえのあるクレマチス カートマニージョーの真っ白な花がたくさん咲くように誘引すると良い雰囲気になりますよ♡

足元は比較的花付が悪いので背の低い花を植えると良いですね。写真の鉢は、球根の様なすみれの根に占拠され、花の数が減ってしまっている状態です。1~2年程まえはオベリスクをこんもり包み込むくらいの真っ白な花が所狭しと咲きました。とても見応えがありました。写真が残っていないのが残念です・・・

地植えにして楽しむ

地植えにしてオブジェを並べてお互いをひきたたせる♡

花が咲いてい無い時期は、常緑なので緑の葉を楽しむことが出来ます。蕾が出来てくるとうさぎ親子はいつ咲くのかなぁ~なんて言っているかの様に・・・花が咲くと何故かうさぎちゃん親子の表情は、明るく嬉しそうに見えますよ♡

トレリスにからめても見応えがあります♡

しっかりと咲いた後は、これまた可愛い状態に!最後には綿帽子のようにふわふわ飛んでいきます♡

自分流を楽しみましょう♡

アプテニア・ベビーサンローズをミニ鉢に植えて可愛くアレンジ

アプテニア・ベビーサンローズのミニ鉢

南アフリカに分布、夏場に降雨量のある沿岸沿いに広がっています。多肉植物の一種ですが、耐寒性があり、とても繁殖力旺盛な植物です。病気や害虫が付くことも少なく、グランドカバーにも使用で来ます。

アプテニア・ベビーサンローズの性質

形態・分類  多肉植物

開花     6月~7月   9月~10月 あまり咲かない

水      控えめ

場所     日向

観葉植物/多肉植物の名前・画像・ア行

育て方

日当たりがよく水はけの良い場所を好みます。乾燥には強いのですが、多湿に弱く、頻繁に水をあげると枯れてしまいます。常に乾かし気味の状態を保ってください。やせ地を好むため、肥料はたくさん必要としません。

生育旺盛なので定期的にカットする必要があります。カットした茎は挿し芽にできます。放置していてもどんどん広がって育ちますよ♡

素焼きチップスでアレンジ

アプテニア・ベビーサンローズの周りに素焼きチップスを並べてみました♡

どれも可愛らしい雰囲気に出来上がりました♡

アプテニア・ベビーサンローズが淡いろなのレッドの素焼きチップスはあまり使用しませんでした。

素焼きチップスの、色々な組み合わせで自分流を楽しみましょう。

すべての素焼きチップスをご紹介(こちらをクリックしてください♡)

素焼きチップスを販売しています(こちらをクリックしてください♡)

リトーブス麗紅玉を素焼きチップスでアレンジしてみよう♡

リトーブス麗紅玉

麗紅玉はハート型に似た形になる中型のトリーブスです。南アフリカからナミビアに分布しており、岩砂漠のような場所に存在します。頭の部分の模様は『窓』と呼ばれており、乾季には頭の部分以外が土にも埋もれているので石と見間違える様な姿をして居ます。

麗紅玉の性質

形態・分類  多肉植物

開花     9月~11月

水      土が乾いたらたっぷり冬場は控えめに夏場は1カ月に2,3度霧を吹く

場所     日向、夏場は日陰の風通しの良い場所に置いてあげましょう

観葉植物/多肉植物の名前・画像・ラ行

育て方

秋頃、生育を初めて9月~11月に花を咲かせます。その後、春頃に古い葉を破って真ん中から新たな葉が育ち始め脱皮をします。脱皮は夏前までに終了して夏は休眠、これを2年サイクルで文頭し群生していきます。

基本的には日当たりの良い風通しの良い場所を好みますが、真夏は風通しの良い日陰に置いてあげましょう。

生育期の9月~11月は、土が乾いたら水をたっぷり上げましょう。不足すると、花がしっかり開花しない場合があります。冬場は暖かい日に水をあげるのが良いでしょう。夏場の休眠時はあまり水を必要としないので、月に1,2度霧吹きで水を与えてください。比較的簡単に、育てることが出来ますよ♡

素焼きチップスでアレンジ

小さなミニ鉢に小さめの素焼きチップスを配置してみました♡

素焼きチップスの色によって麗紅玉の色が違って見えます。

すべての素焼きチップスをご紹介(こちらをクリックしてください♡)

素焼きチップスを販売しています(こちらをクリックしてください♡)

自分流を楽しみましょう♡

斑入り葡萄・ペチュニア・ヒポエステス・ヘミグラフェスのハンギング

斑入り葡萄・ペチュニア・ヒポエステス・ヘミグラフェスのハンギング

植え付けから時間が経過して斑入りのブドウが広がり始めています

使用している植物の性質

斑入りぶどう

秋口には葉のまだらが少し減って素敵な色の実を付けます

形態・分類     落葉性低木・つる植物

開花       5月~6月

水        乾いたらたっぷり

場所       日向

花の名前・画像・マ行

ペチュニア

形態・分類     多年草

開花        3月~11月

水         乾いたらたっぷり

場所        日向

花の名前・画像・ハ行

ヘミグラフェス

形態・分類     観葉植物・多年草

開花        5月~9月

水         乾いたらたっぷり

場所        日向(不足すると紫色が薄くなる)

観葉植物/多肉植物の名前・画像・ハ行

ヒポエステス

形態・分類    観葉植物・低木

開花       5月~6月

水        乾いたらたっぷり

場所       日向(真夏の直射日光は苦手)

観葉植物/多肉植物の名前・画像・ハ行

POINT!

爽やかなイメージにする為に白い花を選びました。

ペチュニアの花が咲き終わった後は、斑入りぶどうの実の素敵な色合いが楽しめます。

花の選び方

メインのペチュニアの白を引き立たせる為に、

1、ヒポエステスの白が混ざった斑の葉を合わせました。

2、紫がかったダークなグリーンを合わせて、白いを引き立たせました。

3、斑入りぶどうのツルが伸びて素敵な雰囲気の空間が広がります。

鉢の選び方

ハンギングバスケットを使用することで、高い視線の場所を彩る事が出来ます。

水はけが良くとても軽いので、簡単に移動できます。

乾燥しやすいので、しっかり水をあげる様にしましょう。

寄せ植えの表情の変化

寄せ植え直後

植えこみ2週間誤

植え付けから時間が経過して斑入りのブドウが広がり始めています

植えこみ1カ月半後

その後・斑入りぶどうの実の様子

秋口には葉のまだらが少し減って素敵な色の実を付けます

実の色が時間の経過とともに変化します。

楽しいですね♡花が咲き終わっても斑入りぶどうの実が楽しませてくれます♡

素焼きチップスでアレンジしましょう♡

植物の根元に素焼きチップスを並べて自分だけの寄せ植えを作りましょう♡

素焼きチップスをご紹介(こちらをクリックしてください♡)

素焼きチップスを販売しています(こちらをクリックしてください♡)